たくさんあるぞ!性病のタイプ!

花柳病で知られた性病は現代では夜間でも診察可能

一昔前は遊郭等で感染してしまうと言われた性病は花柳病と言われていました。花柳病の中には梅毒・淋病の他にも軟性下疳や鼠径リンパ肉芽腫と言う性病を含む言葉として使用されていましたが、昨今はそれぞれに分けて分類されています。特に多い性病として梅毒の患者が年々増加傾向にあり、初期段階では痛みも無いので気が付かず新たに性の接触を行ってしまう事があり、感染源がはっきりしないまま過ごし観戦してから3か月ほど経過してからリンパ節に異常を感じて夜間に診察に行く方も珍しくはありません。
梅毒は治療しなくても1か月程で焼失する事はあっても、完全に治癒したのでは無いので2年から3年にわたり体に潜伏してしまい、本人が気が付かない間に感染を拡大してしまう可能性が非常に大きい性病ですので、思い当たる事がある方は日中に診察に行く事が出来ない方の為に電話相談やメールでの相談も受け付けている病院が多く開設されていますので尋ねる事をお勧めします。
淋病は性交渉の数日後に男性であれば尿道炎や、女性であれば子宮などに異常を感じる場合が多く、特に粘膜に攻撃をする可能性が高く目の粘膜や直腸に異常が現れる場合もありますので、早めに病院で診察を受けるようにします。性病は女性が妊娠時に感染していると乳児にも影響してしまう事もあります。
昔は花柳病と言われて恐れられていた性病ですが昨今は早めに治療することで完治が可能になり、1か月も必要の名ほど回復も早くなっていますし、性病を疑われている場合の方の為にネットでの相談の他にも様々な検査キットを購入出来る病院も多くあります。また保健所でも対応している事があり、電話相談もフリーダイアルで気軽に相談が出来る仕組みになっています。